自由を感じる、おばあちゃんの手作りキムチ

豊橋駅徒歩1分、女性整体師による女性専用『整体師ムラタ』星加さゆりです。

皆さんはキムチはお好きですか。
私はキュウリとタコのキムチが昔から好きでした。
しかし、ここ数年、冬になるとお越しの70代の方から手作りキムチを頂くのですが、そのキムチがとっても美味しいので大ファンです。そんなキムチを今年も頂きました。
本当に嬉しいです!
ありがとうございます。
ちなみに、白菜自体がおばあちゃんの手作りです。
そしてキムチはこちらです。

ブログの題名で書いた『自由を感じる』というのは、味。そしてキムチ完成までの背景があるのかと思います。
そのお味は。なんとも和風なんです。でも、味がしっかり?ちゃんと?キムチそのものなんです。
昆布や、えび、地元の柿が入ることもあれば『辛くなく美味しくなれば何でもいい』と今は亡きご主人様の為に試行錯誤して、その年の様子で入れるものを無理せずある物で変えているそうです。
なので、『今年はこれが入ってる』と教えてもらって、その後にこのキムチを頂いて、ひと口つまみ食いする度に『今回も自由だなぁ』『でもキムチなんだよなぁ』と思うのです。この白菜で作るキムチ鍋も本当に美味しくって、幸せです。

キムチ完成までの背景で言うと、おばあちゃんは、畑でご家族分(ご親族分ともいう)のお野菜を長いこと育てています。私がお会いした頃には、もう以前からそうだということでした。
私の所にお越し頂いたのも『畑をやめたくない!』という思いからでした。
でも、その時おばあちゃんは腰から足にかけての強い痛みと、痺れで四つん這いでお家の中を動いている様子でした。
『畑に車で行くのは大丈夫。畑に行ったら地面に座ってやれば良い。』そんな風に仰っていました。

その後、順調に回復されて定期的にメンテナンスに来られていた頃は『痛くなくなったじゃん。草取るのも平気だよ。痛くないにぃ』と言いながら、その時の野菜の出来を話してくださるのが常になりました。
移転して、お車で駅周りの交通の多い所を来られるのが不安ということで、少し定期的なメンテナンスはお休みをして、辛くなったら早めにバスを使って来てくださったり、どうにも動けない時にはご家族が送迎してくださっていました。

久しぶりにお会いする時は、大抵調子が悪いので気持ちも少し気弱になっておいでになりますが、痛みが消えれば『まぁよしにして、サボったのがいかんだね。まだ好きに畑行けるわ』と顔をクシャっとして笑われます。

そんなおばあちゃんが育てて漬けた白菜キムチだから、食べるやっぱり自由の味。
これからも元気に畑とお墓参りに行けます様に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA